アヤナス ライスフォース

アヤナスをライスフォースと比較

アヤナスをライスフォースと比較

 

アヤナスもライスフォースも保湿効果が高いと言う点では両方とも高く評価されています。その為、肌の乾燥対策として利用している人は多いのが現状です。ただ両方とも配合している成分を比較してみると違いがあり、実際にはどの様に肌の乾燥を改善しようとするか、そのスタンスの違いが見えてきます。

 

先ずアヤナスはセラミドナノスフィアと言う保湿成分のセラミドを補充する機能が含まれています。ナノ、と言う言葉からも分かるように非常に小さい粒子となっているので、肌の深いところまで届き乾燥対策を行う事が期待できる製品となっています。その為、肌の表面は勿論のこと、肌の内側、つまり真皮や皮下組織の改善を図ることもできる製品となっています。

 

さらに線維芽細胞の働きを改善する効果も期待できるので、古い皮膚組織の分解を手助けする役割も期待出来ます。年齢によってどうしてもターンオーバーに異変が生じてしまうことは決して少なくありませんが、アヤナスを上手に活用する事によってターンオーバーを正常に保つ効果が期待できるのです。したがって肌のダメージを軽減するだけでなく、それを回復する働きも期待できる製品となっています。

 

反対にライスフォースはその製品の中にライスパワーNo.11 エキスと言う成分を配合しています。このライスパワーNo.11エキスは、他のセ成分に比べると水分保持機能に優れた成分が配合されています。その為、使用する事によって肌表面の乾燥を防ぎ、いつもよりもしっとりとした肌を手に入れやすくなっています。

 

どちらも肌を保湿して、さらにその保湿力によって肌のバリア機能を高めると言う事では同じ働きが期待出来ます。しかし両者を比較するとアヤナスの方はヴァイタサイクルヴェールという、特許も取得している新技術を使って作られています。それによってただ単に肌の保湿をするだけでなく、実は空気中の埃や雑菌、さらには花粉からも肌を守る働きが期待できるのです。もちろん保湿も同時に行っているので、肌の保護と乾燥対策の両方がこれ1つで行われると言う事になります。したがって、人によっては肌に花粉が触れるだけでもダメージを受けて痒くなったりすると言う事も有りますが。アヤナスを利用すればそうしたダメージを受けにくくなる効果も期待できるのです。

 

保湿力が高い点では両者とも高く評価されています。その為どちらも利用している人は多くいるのでうすが、肌の保湿だけでなく保護と言う点で言うと両者には少々違いが有ります。




【アイクリーム訴求】アヤナストライアルセット